【渋谷区】マンション売却の失敗ケースや注意点をご紹介!査定の流れやポイントは?

【渋谷区】マンション売却に失敗しないために!一般的な査定の流れとは

渋谷区でマンション売却をお考えの方へ、マンション売却が失敗するケースや注意点についてご紹介します。マンション売却は、思いがけないことで失敗することもあります。マンション売却で損をしないためにも、失敗するケースを知ることで学ぶとよいでしょう。

また、一般的な査定の流れや見られるポイントなどについてもご紹介しますので、ぜひ参考にしていただければ幸いです。

渋谷区でマンション売却なら、株式会社 正直な家へご相談ください。売却に必要な費用や流れなど、ご不明な点は親切丁寧にご説明をいたします。相続不動産の仲介や買取のご相談も可能です。お気軽にお問い合わせください。

マンション売却の失敗ケースや注意点とは?

マンション売却の際には、まずは仲介を依頼する不動産会社を探さなければなりません。渋谷区のマンション売却で失敗しないために、どのような失敗ケースがあるのかをチェックしておいてください。また、マンション売却を行う際の注意点についても見ておきましょう。

渋谷区でマンション売却に成功するためには、渋谷区に精通した信頼できる不動産会社に仲介を依頼することが大切です。

渋谷区でマンション売却をお考えの方は、株式会社 正直な家へご相談ください。相続不動産でお悩みの方も、仲介や買取などご相談を承りますので、お気軽にお訪ねください。

失敗ケース

Failure case

マンション売却では、必ずしも思い通りに売却できるとは限りません。むしろ失敗することも珍しくないのです。失敗するケースは大きくパターンが決まっているので、どのようなことで失敗が起こりえるのかを押さえておきましょう。

時間に余裕がなかった

マンション売却で特に多い失敗は、時間に余裕がなく焦って安く売却してしまったというものです。実はマンション売却だけでなく不動産の売却や購入は、焦ると失敗する可能性が高いです。余裕をもって情報収集から始め、万全を期して売却を進めていってください。売却を行っている時間がないという場合には、買取を検討するのも方法の一つです。

査定額が最も高い不動産会社を選んだ

売却を決めると、一般的には複数の不動産会社に査定を依頼します。査定価格は不動産会社によって異なりますが、場合によっては大きく差が出ることもあります。査定額は売却できる価格の保証ではありません。仲介の契約をとるために査定価格を高く設定する不動産会社があるので、相場よりも明らかに高額な査定価格を提示する不動産会社はおすすめできません。

不動産会社選びを失敗した

不動産会社は、どの会社も同じと考えている方もいらっしゃいます。不動産会社は不動産のプロなのだから、どこでも同じように売却してもらえると考えるのは危険です。確かに不動産会社は不動産取引のプロです。しかし、不動産業務はとても幅広く、不動産会社によって得意分野と不得意分野があるのです。例えば、売却が得意な会社、買取が得意な会社、相続物件が得意な会社というようなことがあります。マンション売却を得意としない不動産会社に相談をすると、失敗する可能性が高くなってしまいます。渋谷区のマンション売却なら、渋谷区のマンション事情に詳しい不動産会社へ相談するようにしましょう。

最低売却価格を設定しなかった

漠然と高く売りたいと考える方にありがちな失敗です。お金が必要で高く売りたいという場合には、最低この価格以上でなければ売れないという最低売却価格が決まっています。ところが理由もなく、何となく高く売りたいという方は希望の売却価格にこだわる傾向にあります。そのため、せっかく買い手が現れても値下げ交渉に応じず、結果的に長期間売却できなくなってしまうのです。

内覧前に掃除をしなかった

居住しながら売却を進めていく場合には、生活している場所で内覧の対応をしなければなりません。同じ状態の物件でも、キレイに掃除されインテリアがおしゃれな場合と、必要以上に物があふれていて掃除が行き届いてなく汚れている場合だと、内覧に訪れた方の物件に対するイメージが違ってしまいます。不要なものは処分し、掃除はキレイにしておきましょう。

設備の不具合の告知に漏れがあった

失敗は売却の際だけでなく、売却後にも起こります。建物や設備などに不具合がある場合には、細かいことでもすべて告知しなければなりません。告知していない不具合が引き渡し後に見つかった場合にはクレームになり、損害賠償請求や修繕費の請求をされる場合があります。普段の生活の中で特に気にしていないような不具合だと、告知することを忘れてしまいがちです。換気扇や網戸など細かい部分もしっかりチェックして報告するようにしましょう。

注意点

important point

マンション売却においての注意点は、以下のとおりです。

売り出し価格が高すぎる

売り出し価格は、売り主が自由に設定できます。しかし、相場よりも明らかに高い場合には買い手を見つけることは難しいでしょう。相場を調べて、相場よりも高すぎないかをチェックしましょう。逆に相場よりも安すぎると損をしてしまうので、きちんと相場を把握しておきましょう。

同じマンションのほかの部屋が売りに出されている

特に大規模マンションの場合には、同じマンション内で別の部屋が売りに出されているケースもありますので、注意しましょう。階数や位置などの条件を比較し、そちらのほうがお得だと売却が難しくなります。

引き渡しの条件も交渉材料にする

値下げ交渉では、安易に値下げに応じてしまうことは得策ではありません。値下げをしなくても別の条件を提示することで、売買が成立することもあります。エアコンが設置されていればすぐに入居が可能なので、エアコンを撤去せずにそのまま引き渡すという条件を提示するのも一つの方法です。

査定について知ろう!

マンション売却を行う場合、まずは査定が必要です。特に相続したマンションを財産分与のために売却する場合などは、揉める原因になりかねないので信頼できる不動産会社に相談することがおすすめです。

渋谷区でのマンションの査定について、査定の流れやポイントについて解説します。査定はどのように行われるのか、どのような点をチェックされるのかなど査定について知っておきましょう。

一般的な査定の流れ

assessment

マンション売却は、まず査定を依頼することから始まります。査定を依頼するにはインターネットが便利で、不動産ポータルサイトでは条件を入力するだけでおおよその査定価格がわかります。また、一括査定サイトに依頼すると一度に複数の不動産会社に査定を依頼できます。そのほかの査定方法としては、不動産鑑定士に依頼する方法があります。不動産鑑定士による査定は法的な効力がありますが、費用がかかります。相続の財産分与などには有効ですが、通常のマンション売却では不動産会社の査定で十分でしょう。

次に、不動産査定の種類を見てみましょう。不動産査定には立地や築年数などのデータによる机上査定と、実際に物件を訪れて現地で調査する訪問査定の2つの方法があります。どちらの方法も査定は無料で行われ、費用はかかりません。

机上査定

物件を実際に見るのではなく、築年数や立地などのデータから同じエリアの同じような物件の取引状況から、おおよその価格を算出します。比較的精度が低いので、どの程度の価格になるのかを知るための参考程度に活用しましょう。

訪問査定

まずは机上査定を行ったうえで、実際に物件を訪れて査定を行います。物件の外観や内部だけでなく周辺の環境や状態など、細かくチェックして査定額を算出する方法です。実際に物件を見て査定を行うので精度が高く、マンション売却を決めた場合には複数の不動産会社に訪問査定を依頼することになります。

まずは机上査定を依頼してその中から数社に絞って訪問査定を依頼してもよいですし、最初から数社に訪問査定を依頼するのもよいでしょう。査定結果が出ると、不動産会社から結果の報告と説明があります。査定額はあくまでも参考であり、その価格で売り出さなければならないわけでも、その価格で売却ができることを保証するものでもありません。査定額だけで不動産会社を選ぶのではなく、対応のよさや営業担当者との相性など、総合的に判断して決めましょう。

査定で見られるポイントは?

points

査定を依頼すると、どのような部分を見られるのか、どのように影響するのかなどが気になるでしょう。マンション売却の際の、査定のポイントを解説します。

立地

最寄り駅からの距離は重要なポイントです。また駅までの道路には街灯があるなど、安全面もチェックします。周辺に商業施設や、学校や病院などの公共施設があるかどうかも査定額に影響します。

階数・位置

マンションの場合は階数や、位置も重要です。角部屋であったり、日当たりや眺望であったりも査定額に影響します。

間取り・面積

間取りや面積は、広ければ広いほど高額な査定になります。一般的には個性的な間取りや広すぎる部屋などは査定が下がる傾向にありますが、渋谷区という場所を考慮すればほかと比べて影響は少ないといえるでしょう。

築年数

築年数は浅いほど人気なので、査定額も高額になります。また、築年数の古い物件の場合は、耐震基準が1981年6月1日以降の新耐震基準が適用されている物件かどうかが重要です。

設備

浴室やキッチンなどのグレード、浴室乾燥機やディスポーザーなどの設備の有無がポイントとなります。豪華すぎるオーバースペックの場合には、一般的には相場よりも低くなりがちですが、渋谷区の場合には高額物件が中心となるのであまり影響はないといえるでしょう。

駐車場

駐車場の数や、平面か機械式なのかもポイントとなります。マンションの駐車場は分譲方式と賃貸方式があり、分譲方式の場合は駐車場の利用権もセットになっていますが、賃貸方式の場合には利用権が消滅するので、利用する場合には新たに申し込みをしなければなりません。

管理状況

管理の行き届いたマンションは、査定の評価が高いです。マンションの管理状況はエントランスや廊下などの共用部分でチェックでき、ゴミがなくキレイに掃除されていて、余計なものが放置されていないと管理状況がよいマンションといえるでしょう。コンシェルジュが常駐しているマンションも、査定額はアップします。

管理費・修繕費

マンションを購入すると、購入費用だけでなく毎月の管理費や修繕積立金の支払いが必要です。高額だと負担が大きくなるので、査定のマイナスポイントとなってしまいます。

施工会社・販売会社

マンションを購入する際には、施工会社や販売会社を気にする方もいらっしゃいます。大手ディベロッパーが販売したマンションの場合は安心感があることから、査定額アップの可能性があります。

渋谷区でマンション売却の査定の依頼ならお任せ!相続不動産の仲介や買取のご相談も!

マンション売却を検討中の方は、いざ売却の際に失敗しないよう、失敗するケースを知っておくと安心です。特にマンション売却の際は、地域の相場を参考に適切な売却価格を設定することが重要です。

相場を知りたい方は、複数の不動産会社に査定を依頼するのがおすすめです。机上査定を行ったあとに、直接物件を訪れる訪問査定を行うのが一般的な流れです。ほとんどの場合、査定の費用はかかりませんので、気軽に依頼をするとよいでしょう。ただし、相続での財産分与のように不動産鑑定士による鑑定は、費用がかかりますので覚えておきましょう。査定の際には、見られるポイントを押さえておき、準備をしておきましょう。

渋谷区でマンション売却の査定の依頼なら、渋谷区代々木の株式会社 正直な家にお任せください。相続不動産をお持ちで売却をお考えの方は、仲介や買取のご相談を承っておりますので、どうぞお気軽にお問い合わせください。

渋谷区でマンション売却の査定の依頼なら、株式会社 正直な家をご利用ください

社名 株式会社 正直な家
資本金 500万
代表取締役 田中 輝一
住所 〒151-0053 東京都渋谷区代々木2丁目27-16
ハイシティ代々木406号室
電話 03-6300-6384
FAX 03-6300-6385
免許番号 東京都知事免許(2)第98799号
所属団体 (公社)全日本不動産協会会員
(公社)首都圏不動産公正取引協議会加盟
保証協会 (公社)不動産保証協会
主な取扱物件 売新築一戸建 売中古マンション 売中古一戸建 売土地 投資用・その他